ホーム > シリコン部品 > 素材に関して

シリコン部品素材に関して

シリコン部品へ戻る
画像:メガネイメージ画像

アレルギー性もなく、燃やすと灰になるシリコン。高い安全性を誇り、また環境にも非常にやさしい素材です。
当社のシリコン素材は、調理器具のパッキン、子供用玩具などに使用されているシリコンと同一素材で、安心してお使いいただけます。

高い安全性

調理器具や、子供用玩具などに使用されている素材と同じ、
極めて安全性の高い素材を使用しています。

ゴム製品との違いは?

伸縮性があり、また触った感じがゴム製品と似ていることから、混同される場合があります。
この場合、燃やしてみるとその違いが明らかです。

硬さを変える。

シリコン製のモダンなどは、素材の伸縮性が高過ぎて、捻じれてしまうことがあります。
あまり知られていませんが、シリコンは硬さを調整することが出来ます。そのことで捻じれにくい製品を作ることが出来ます。

画像:2つのシリコン素材の組合せイメージ

2つのシリコン素材の組合せ

H50(柔らかい)・H80(硬い)の2種類の異なった硬さのシリコンを合わせることで捻じれにくい製品を作ることができます。

抜群の伸縮性、でもちぎれない。

画像:伸縮性の実験

伸縮性を要求される製品には抜群の効果をお約束します。
熱成型という加工方法により、非常に良く伸びますがちぎれません

ページの先頭へ戻る